スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
心を何にたとえよう?
夕闇迫る 雲の上
いつも一羽で 飛んでいる
鷹はきっと 悲しかろう


音も途絶えた 風の中
空をつかんだ その翼
休めることは できなくて


心を何に たとえよう
鷹のような この心
心を何に たとえよう
空を舞うよな 悲しさを


* * *


 いつも一羽で飛んでいるのです。楽しいときもあるのです。それでもたとえようがないほど、悲しいときもあるので、あたしゃどうすればいいんだいばろちくしょー。


* * *


 バイト先の人を好きになった。人妻。10歳上の人。この前「好きです」と暗に言ってしまう。冗談にしてしまったので、それっきり。家族の話をされるたびに胸が痛い。ただ、言ってしまうと、昂ぶった気持ちが少し収まったようで、どうしようもなくはなくなったようです。話をしているだけで満足かも知れない。でも好きなのだなあ。うん。あー。あー。


 くだらない。ちょーくだらない。アホみたいだ。私はこの銀河系で一等のアホだ。アイダホ生まれ!
スポンサーサイト
【2006/06/28 16:59 】 | 平四郎的日常録 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | おひさしぶり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。