スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
友達が掲示板に「愛・恥丘博」とか書き込んだので書いた。


* * *


「君・・・私と一緒に・・・日本一のAV監督を目指さないか?」


 檜山の前に現れた鉄仮面の男が、突然そう切り出した。檜山はあっけにとられ、口をOの字に開け呼吸と共に、


「・・・は?」


 男は、そんな檜山を見て薄く笑うと、


「・・・決心がついたら・・・ここに電話をしてくれ・・・」


 と名刺を取り出し、檜山に渡した。そこには不思議な字体で書かれた・・・「ポテンシャル企画社長 ハイテンション仮面」の名が。


「なっ・・・!? あなたが・・・あの・・・『全裸遊園地』や『扇風機オナニー』や『裸祭り』を製作したポテンシャル企画のっ!??」


「・・・君のことは・・・高校在学中から目をつけていた・・・」


「・・・・・・」


「・・・・・・」


「・・・なぜです」


「ん?」


「・・・なぜ・・・今になって・・・ぼくはもう・・・サラリーマンなのに・・・」


「待っていた・・・それを待っていたんだよ・・・君のAV企画力は天性のそれだ・・・しかし、君はまだ若かった・・・・・・花で喩えれば・・・そう・・・蕾のように、若かった・・・箸が転べば勃起するような君では・・・まだ本当の『エロス』を・・・AV愛好家に訴求する『エロス』を知ることはない・・・」


「・・・」


「だから・・・私は待った・・・そして、君は花を開かせた・・・私の期待通りに、な・・・」


「・・・何を!・・・何を・・・根拠に・・・」


「ふ・・・君の書き込み、さ・・・名前はなんだったかな・・・君の友人と開いているHPだ・・・あの掲示板の書き込みを・・・見せてもらった・・・・・・君のことは10年ほど前から・・・『ある機関』を通して調べ続けていたのだ・・・」


「なっ・・・」


「・・・君には・・・資質がある・・・AV監督としての・・・・・・・・・いいかね・・・人間は・・・肉体の快楽だと割り切れずにセックスに意味を持たさざるを得ない存在なのだ・・・・・・ならば、AV監督の資質とは・・・その意味を持たせることにある・・・・・・・・・・・・君ならば・・できる」


「・・・すこし・・・考えさせてください」


「・・・・・・いいだろう・・・三日だけ待つ・・・」


どうなる!?檜山!?・・・安定した収入・・・責任ある地位・・・それを捨てて・・・男は行かねばならないときがある・・・!!








次回予告!


「なっ・・・君は・・・さゆりちゃん!?」


「違うわ・・・あなたの知っている『さゆり』はいないわ・・・今ここにいるのは・・・AV女優としての『星きらら』、よ・・・」


AV監督としての道を決心した檜山・・・その道は・・・辛く険しいものになる・・・それは判っていた・・・判っていたはずなのに・・・なぜ初恋の人と・・・このような形で再会を遂げねばならなかったのか


「さあ、監督!わたしに指示をするのよ!!」


「やめてくれっ!ぼくのことを!!監督と・・・監督と呼ばないでくれ!!」


「・・・檜山君・・・彼女に指示を下せ・・・さもなくば・・・帰ってくれ」


「・・・・ハっ、ハイテンション社長!?・・・」


檜山は『AV』というキャンバスに・・・涙をもって・・・何を描こうというのか・・・!?それは、初恋の淡い幻影の上に・・・鮮やかに・・・塗りつぶされて・・・


次回!「AV監督と呼ばないで」に!


乞うご期待!!


わけがない


だれか絵の描ける人、わたしといっしょにばかフラッシュつくりませんか
スポンサーサイト
【2006/03/09 10:15 】 | 発狂用 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<残照 再改訂版 | ホーム | 平四郎的日常 3/5>>
コメント
----
そのフラッシュのプロットが見てみたいですな。
by:檜山 | URL | #pKfLfqHU【2006/03/09 13:49】 [ 編集] | page top↑
----
ひーやんも作ってくれるならばお見せしましょうとも。
by:平四郎 | URL | #dvQckJnQ【2006/03/09 14:19】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。